2020.08.03 TZT 車庫下屋解体

本日も現場へ改修工事は進歩が速い

解体も並行して行っています

こちらの古い木造建築は車庫や倉庫として使用していた元牛舎

下屋を撤去しました

この構造むき出しにポリカを張った意匠が最近の建築でよく見ますが、

様々な事情でそのような建築が建てられるわけです

こちらの建築は内部の骨組みがこれまでの歴史を感じさせてくれます

本計画は、見せずに耐震性や防水性を考慮して外壁で覆いますが、

お施主様にこの建築の成り立ちを聞くと

ふと腑に落ちる柱や梁があったりするのも面白い

解体工事で出た鉄製品の積み荷をお手伝い!!

腰がやられそうでした

2020.08.01 TZT 車庫部分解体工事

車庫解体工事 
正面 牛舎部分には地窓

これはこれでラフな作りを見せていくのもありのような気もします

区画整理に伴い既存地盤面より道路のレベルが上がってしまったため

排水処理がうまくいかなくなり今後の頻繁に起きるであろう豪雨への対策も含め

敷地内のメイン動線となる部分の地盤を上げることを希望されました

そこで、不具合が生じるのが既存レベルに建っている車庫をどうするか

50年以上前に牛舎として建てられた現在車庫として使用中の建築物

解体して新築するか

母屋との親和性 車庫の下屋解体
下屋を解体

しかし、母屋との親和性やコスト面を考慮して

現在のものをできる範囲で機能的にし補強しながら使用することになりました。

<制作塀のスチール部仕上>

今日は、制作塀の仕上げ処理の検討のため 塗装の種類としてリン酸処理風塗装

岩沼斎場のエントランスで使用させているとの情報をいただきまして見学に行きました。

設計は山下設計、施工は佐藤建設とのこと

岩沼斎場 リン酸処理風塗装
大面積のリン酸処理風塗装

周囲が開けた田んぼの真ん中にポツンと寺と隣り合わせで這うように建築

とにかくその部分だけ確認

面が大きくなるとフェイク感がでます

岩沼斎場 サイン
サインの仕上げ

面が狭ければサインのようになかなか質感が見た目でていて良い。

触感としては見た目とは違和感がありつるつるした感触

<野菜と漬物>

最近お知り合いのかたに野菜をいただくことが多いです。

ちょうど収穫時期なんでしょうか

もらいもの 野菜と漬物
野菜と漬物

今日は、お施主様より畑でとれた野菜ときゅうりの漬物をいただきました。

漬物は、薄味で毎日の食事のおかずが追加で一品あるだけで

印象がだいぶ変わりますね

ありがとうございました。

2020.07.29 IZO 風除室スチールドアガラス施工

写真館の風除室スチールドアのガラスを遅れてご迷惑をかけておりました。

やっと施工が完了しました。

主目的は冬期ですが、本格的な夏を前に完成しました。

風除室スチールドア
エントランス側

エントランス側は、しっかりと存在感があり、そして親しみある木を取手に採用

(今回は屋久杉を使用)

風除室スチール変形ドア 取手
変形ドア取手

触感気持ち良い材料を持ってきました。

受付側

内側には手すりはありません枠と取手を一体に製作しています。

それは、開放時固定する際のデザインを機能面と意匠性を思考した結果です。

夏期の開放時固定の際には自動ドア開放時の挟み込み防止の役割を果たしてくれます。

既存の建築も鉄と木(シナ)の配色がきれいです。

その空間を生かしてさりげなく機能的でシンプルでスマートに作りました。

どこから既存か新規か、もうパッと見はわかりません。

本計画は、「壁の有無を自身で操作できるドア」を「ツク」しました。

開閉の別で「トコ」の性質が変化します。

それは季節によってなのか用途によってなのか様々に考えられます。

そのいろいろな「トコ」を今後もお伝えできるようにこちらで報告できればと

次回また写真をたくさん撮ってきます。

2020.07.27 TZT 改修工事開始

工事契約が先日完了しました。仙台市内の改修工事の現場が始まりました。

本日から大工さんが丁寧に部分解体を行ってくれていました。

<客間:洋室の解体>

客間 解体中

こちらは、豪華な客間は、これまでの近代昭和レトロ感を残しつつ

新たな現代のモダンテイストも入れていきます。

<玄関ポーチ>

ポーチの柱は、昔に耐久性のため塗装をべた塗した独立柱

せっかくの無垢柱なのでそれがわかるように生き返らせたい!

塗料をわざわざはがしてもらっています。

現在のままでは、本物ではなくフェイクのように見えてしまって勿体ない。

ポーチ独立柱の塗装はがし

剥離剤では思ったようには取れず、

サンダーで削り取るようにしないと取れません。

これは、大変な作業になりそう

<塗装屋さんのロゴ>

本施工お願いしている工務店の塗装屋さんロゴがデザインされたものでかっこよかったので紹介

熊谷塗装さん

最近は、業者の方々もデザインされたものをいろんな部分に取り入れて

個人企業問わず発信力が大事になってきていると改めて

2020.07.19 秋保ワイナリー、アキウ舎へ

今日は、長い雨が続きましたが晴れで暑い!

休日の本日は、秋保に行ってきました。

ここ数年秋保はおもしろい。

地元のお店がいい建築とうまいブランディングで人気店が数多く出来ています。

今日は、秋保ワイナリーとアキウ舎を覗いてみました。

アキウ舎
のれん
奥の庭 テラス席

気持ちの上がるものが沢山

井戸、薪ストーブ、お座敷、テラス席、農園、などなど

内容も雰囲気が良く、地場食材で食べ物も美味しかったです。

秋保ワイナリーは偶然目に入り行ってみました。

ワイナリーはカウンターしか撮っていませんでした、、、

ワイン3本買うとトートバックプレゼント

秋保ワイナリーは、BBQできるような外部空間もあり今後の発展もありそうな施設でした。

ワインの袋が有料なのが気になりました。

日常用に買うには私にはハードル高いのでやはりお土産用の人が多いと思います。

最近のエコ的な視点でそのようにしていると思うのですが、プレゼント用に買うのが主なため、袋は必須でよいと思いました。(紙袋もプラ袋も有料)

いらない場合に何か得点をつけるようなシステムの方がよいのではないかと思ってしまいました。

ブランディングしてロゴ入りオリジナル袋を作っているのですから持ち帰ってもらって宣伝してもらう本来の目的に反しているようで違和感を感ました。

とにかく、地方観光都市にも仕掛け人が地元の魅力をうまく引き出し地域にお金と雇用を生み出してくれるのはとてもありがたいです。

私もその一役を担うようなお仕事をしたいものです。

ちなみにお決まりの秋保大滝にも行きました

秋保大滝

2020.07.15 事務所入所マンションの網戸交換

前回の現調から当事務所がテナント入りしているマンション

住民の方5世帯の網戸交換が完了しました。

サッシ屋さんには、工事までとても素早い対応いただきました。

左側に網戸

取替前の写真 網戸はグレー色です。

左側に網戸

取替後の写真 網戸の色は黒となりわかりにくいですが、

より透明度が増して網戸が気にならないようになりました。

最近は、コロナのため

これまで使用していなかった又は新規での網戸の需要が増加。

サッシ屋さんは網戸の張替えや製作でとても忙しい中

今回の網戸張替えのご対応いただきました。

ありがとうございます。

2020.07.09 IZOスチールドア取付

本日は、昨日風除室のスチールドアを取付した枠の塗装工事のため現場に確認にいきました。

塗装前は、錆止め(灰色)なので既存の鉄骨との違和感がありますが、ドア自体の操作感や動きは良いようで安心しました。

斜めの天井に合わせた台形型の開き戸が開く状態で外部サッシに綺麗に納まってくれます。

風除室の役目を終えると開放的にエントランスを従来通り使用できます。

解放時

解放時は外部サッシにピッタリ納まり自動ドアの解放時衝突防止としても機能します。

閉鎖時 受付側の取手はフラットな形状

冬期に閉じると風除室の役割を担い自動ドアからの直接の風の吹きこみを防止してくれます。

塗装後 色合わせ

塗装後も確認、乾燥中でした。

色合わせしたことで以前からそこにあったかのような変形ドアになりました。

ガラスは後日また施工となります。

左FIX部分は、当初はガラスですが、写真立てなどいろんな用途になりえそうです。この部分は今後お施主さま(使用者)の発展がありそうです。

2020.06.30 事務所入所マンション網戸交換

本日は、当事務所がテナントとして入っている

ライオンズマンションの入居者の方から

網戸の取替業者の紹介をお願いされました。

本日、業者さんに来ていただき現地を見ていただきました。

出入口左手に当事務所があります

築30年を超えたマンション

サッシも古くなり網戸の網も穴が開いたりフレームに沿って壊れてきます。

ベランダに面している部分は、自分で取り換えることができますが、

築30年を超えるマンションにお住いの住人の方々はよいお年の方も多数

すべての人が網戸を取り換えることができるわけではありません。

さらに、出窓や防犯用の格子柵のある窓は、素人では取り換えるのが困難です。

共用廊下側に面する網戸 格子柵で交換できない
格子柵 サッシ 網戸の取替できません

そういうわけで都合よくこのマンションには、1階に建築設計事務所がテナントとして入っていたためお声が掛かったという経緯です。

まずは、業者さんに見積もりを取ってもらいます。

丁寧にしっかり施工するため一度工場へ持ち帰り後日、設置するとのことです。

5世帯の入居者を一度に請け負って一世帯当たりの単価を下げます。

さて、暑くなる前に施工できると良いのですが、、、

建築にかかわるご相談はどんな些細なことでもご相談ください。

ご相談はこちら

2020年6月30日 | カテゴリー : トコツク | 投稿者 : tokotuku

NKK オリジナル細工格子間仕切り壁

2015年に設計させていただいた当事務所オリジナル「細工格子間仕切り壁」のメンテナンスに久しぶりにお伺いしました。

なんでも数ある縦桟のうち一本だけ沿ってきたとのこと

細工縦格子間仕切り壁 閉

伺ってみるとたしかに一本だけそっていました。

反りはうまく直すことができて今まで通り使っていただけそうです。

綺麗に使っていただいていました。

多目的室は、withコロナ時代に突入したことで在宅リモートワーク部屋になっているとのこと、
今後、夏場は通風も取れてとても機能的な部屋として使用されているようでした。

細工縦格子間仕切り壁 開

手前が玄関のエントランスなので飾り棚も間仕切り壁が兼用しております。

仕切り壁、採光壁、通風壁、飾り壁、1製品で4役こなしている優秀な壁です。

飾り棚として

多目的室側からは印象の違う白木をそのままの色で見せています。

細工縦格子間仕切り壁 開

程よい透過がまた心地よいと思います。人の存在をほんのり感じるような緩いつながり

WORKSの紹介は、→こちら 製品の説明や他の写真も少し載せています。

今でも新品のようでした

2020.06.16 IZO 風除室スチールドア現場計測

仙台市の現場へ

本日はお施主様と工務店との契約

本計画は、いつもお世話になっている写真館の風除室を造る改修工事です

工事場所

既存建物の内部に造ります

出入口からみる

ポイントは、「必要な時と必要ない時」

必要な時

冬期の冷気が吹き込んできてお客様が来るたびに受付で寒さに震える日々を何とかしたい

必要のない時

冬期以外は気持ちよく扉で仕切らず今までのようにオープンで広く受付エントランスを使用したい

必要な時に存在して不必要な時に存在しない

時間としては長い不必要な時にいかにきれいに納めるかに重点を置きました

小さな工事ですが、様々な事情や状況、要望が複雑に絡み合っていなかなか難しい計画になりました

スチールドアの製作してくださる業者さん

スチールドアを製作するために寸法を正確に取ります

mm単位の話をします

解決策は工事完了までのお楽しみです