Blog

トコツクブログ

2020.04.27 外構設計 模型作成

外構設計中の模型を作成し、検討しています。

1/100の鳥瞰 大きな庭も表現

縮尺100分の1の模型で全体の大きな構成を整理し

どのような案があるか割り出します。

手前にお社があり大きなテーマに成りえます

また、高さ関係のボリュームがおかしくないか確認します。

右側には重さのある塀

まだまだ検討しながら進んでいきます。

ここから30分の1の模型で塀のパターンを検討します。

1/30の模型 左ルーバー形状 右 パネル形状

これでお施主さんにも具体的で分かりやすくなります。

パターン検討

仕上のパターンデザインの美しさだけではなく

機能性に裏付けされた美しいデザインになるように努力します。

年内に完成する予定ですが、

昨今の新型コロナの影響が建設業界にも生じてきました。

範囲と時間がどの程度になるのか見通しが全く付きませんが、

出来ることを確実に行っていこうと思います。

2020.04.08 TZT 保水セラミック 外構材料実験

今回、塀並びに舗装などの外構に採用予定の保水セラミックの材料の質感や色味、保水実験をしました。

1、質感や色味
 他では見ない気泡の粒がわかり、ざらざらした質感 泡をそのまま固めたような感じです。
グリーンビズ(小松マテーレ) 荒々しい表情で好み 色があるのだがサンプルが無いのが残念
cuteHAGI(八木惣) 本来は吸音材としての販売のため意匠的には品があり高級感がある内装用に製品化したためでしょうか。

2、材料強度
少し心配な面はあります。面的な強度はありそうですが、部分強度、局部的な衝撃には少し不安があり、ルーバーなどのように固定方法が部分の場合、取付設置方法に工夫が必要です。
強度は、どちらの製品も変わらない小松マテーレの方がもともと荒く作られている分割れや掻けに対して寛容になれるかもしれません。外構の塀などに使用する場合には、アルミやスチールに比べると劣るが木やネットフェンスと比べれば強度という面ではさほど違いかと思います。

3、保水性
今回は、八木惣さんのものと小松マテーレさんからサンプルをいただきまして確認しています。
保水というか透水性(保水の速さ)はグリーンビズ(小松マテーレ)の方が早い印象
保水性(保水量)はcuteHAGI(八木惣)の方が良い気がします。

八木惣cuteHAGI
1リットルの水
これを注ぎます
1リットル飲み干しましたお腹一杯のよう
小松マテーレのグリーンビズ
透水性が良いので傾けると水が流れる
サイズが1/4で500ml飲んだが、
半分ぐらいは下に流れていたかな?
2,3日様子を見ながら外に置いておきます
八木惣のcuteHAGIの色は色々あります

元々は、軽い素材ですが水を含むとさすがに重くなりますそのあたりも考えた取付方法が必要です。

また、進歩ありましたら更新します。

2020.03.25 TZT 改修工事 設計契約

本日は、TZTの設計契約並びに前回の提案を受けての打合せを行いました。

伺う前に裏庭にある梅の花が満開できれいだなー

玄関前の花
こぼれ落ちそうな花達

打合せ前に風情のある良いものを見たなぁ

打合せ後にお客様に「このきれいな花は梅の花ですか?」とお聞きすると・・・・

「さくらんぼ」とのこと、、、、

食べてばかりでこの時期にこんなにきれいな花が咲くとは、

恥ずかしながら知りませんでした。

本計画を代別すると ・内装設計 ・外構設計の2つに大きく分けられます。

それぞれテーマとしては

・内装設計については、「最小限で最大の効果」

・外構設計については、「近寄りたくなる塀」

1/100の模型 外構設計

各所材料については、とても面白いものを採用予定です

2020.03.14 第一期オープンデスク終了

当事務所の今季のオープンデスク取組みは従来までの考え方を見直し

オープンデスクの位置付けを根本から考えなおして取り組んでいます。

オープンデスクは、設計事務所の仕事を体験する職業体験の一環です。

強制されるものではなく自身の自主性のよってのみ成り立っている制度です。

当事務所のオープンデスクで大事にしていること

1、知ること 2、体験すること 3、見ること

設計事務所の仕事を上3点を軸に学んでもらう教育プログラム

SNSによって参加者個人と事務所との繋がりをつくり発信する試みもしています。

参加していただいた方はもちろん当事務所にも利点が生まれるような仕組みづくりも大事にしたいと思っています。

期間内に勉強会・交流会も行っています。

勉強会の様子

2020.03.08 事務所登録更新手続き

建築設計事務所の事務所登録更新のハガキが届きました。

更新はがき

建築士法に伴い建築士、建築士事務所は取得や登録して終わりではありません。

建築士は3年ごと、事務所は5年ごとに更新手続きが必要になります。

当事務所も開設して5年過ぎようとしています。

あっという間です。

事務所標識

今思えば開設当初、色々思いはあったと思います。

明確な目標があったわけではありません。

ただ独立志向が若いころから強くあったことが事務所を作った唯一の理由です。

まずここまで、維持できたことについては、仕事を依頼していただいたお客様、業者の方々のおかげです。ありがとうございました。

これまで仕事を受注し目先の仕事にただ夢中に取り組んできました。

今後は、事務所の現在はもちろん未来のことを見据えた仕事への取組みを常に思考し行動に繋げていくフェーズに来たと思っていますし、そうしなければと強く思っています。

この更新制度を事務所の過去・現在・未来を考えなおす良い機会になればと思っています。

事務所更新料、一級建築士事務所は17,000円を事務所を見直す機会をもらった価値のある出費にしたいと思います。

これからも引き続き皆さんのお力を借り、今後は自らの力でしっかり立てるようにさらには、力添えできるような事務所にして行きたいと思います。