2021.10.05 LM若林 大規模改修工事

当事務所が入るマンションの大規模改修工事が開始されました。

足場を組むだけでも多くの時間を必要とします。

北側(道路と反対側)から組んでいくようです。

防音養生シートで囲んでいきます

道路側はまだ何も変化が無いように見えます

足場で全周を囲う

当事務所としては、

塔屋解体工事の減額を管理組合のアドバイザーとしてご協力させていただきました。

このラフタークレーンが減額するために重要な点です。

設置できるスペースがあるか?

設置するスペースまで持って来れるか?

十分な検討をしないと金額が高くなったり、工期が長引いたりします。

目先の金額や工期も大事ですが、その前の調査計画が何より大切なことです。

事前にしっかり時間をかけて準備することで

金額も工期も圧縮・短縮することが結果として可能になるのです。

ラフターで足場を搬入したので数時間で済み

足場組立を行うことができます。

これを人力でやると人経費と工期が倍以上掛かってきます。

管理組合の予算として考えるとあまり気にならないことでも

より当事者意識も持つため戸数にもよりますが、

1戸当たり10万円と考えると大事なことと思えるかもしれません。

既に支払ったものだと気にならないが、これから徴収されると思うと非常に勿体なく感じたり

人間はその時の状況で様々な感情に変化が起きます。

一度冷静になって考え直すことは、どのようなケースでも大切なことなのかもしれません。

LM若林 理事会

先日、当事務所の建築家である千葉が幼い頃から住んでいた、所謂、実家であり、現在1階のテナントを当事務所が借りているマンションの理事会に参加しました。

マンション

なぜ、所有者でもない賃貸でテナントを借りている当事務所がマンションの理事会に出席することに至ったかと言うと、、

ライオンズマンション若林は、これから大きな改修工事である専門用語にすると大規模改修工事を控えております。
築30年を超えたマンションは高齢化が進み役員に名を連ねる方々は皆、高齢の方ばかり、少数の若い方が居ても組合には我関せずのスタンスです。

1階テナント

昔は、まだ若く様々な方面で活躍している現役の社会人の理事達が、各々の得意分野を生かして組合としての意思決定をしてきました。

だが今は、現役を退き年金でのんびり暮らしている方々が理事をしなければならない現状です。

ライオンズマンションは、大京グループの手厚い保護があり管理に関しては安心して任せられる素晴らしいマンションです。
一方で工事については、競争がないため工事価格として適正であるかを確認する術がない事も事実です。

そこで、大規模改修を行うに当たり、見積金額が適正であるかどうか、各種工事が必要かどうかなど、専門的な知見からアドバイスするのが当事務所の役目です。
専門的知識を持った人間が入ることで組合の意思決定のお手伝いをして欲しいとの話です。

ちょうど1階に一級建築士事務所があるじゃないか!という流れです。

コンサルタントのような厳格な契約ではなく、アドバイザーという立ち位置で組合の皆さんと共に考え、ある知識を皆さんと共有する事で組合が納得の上で意思決定が出来れば良いと思ってお話を受けました!!

身近にあるこの機会を建築設計事務所として知らん顔するのは違うだろうという思いもありました。

屋上からの眺め

これまでのお付き合いのある業者様にご協力をいただきながら、
いくつかの工事を適正金額でまとめることができそうです。

少しでも工事金額が適正な金額になったことで当事務所が入った意味が少しでもあったのでないでしょうか。

居住用マンションのお持ちの方は、ぜひ組合に参加して共用部分も自分の持ち物であるという当事者意識を持っていただきたいと思います。

特に若い方には、ぜひ考えていただきたい。